自分にあうベッドを見つけてぬくぬく熟睡しよう!

住宅の造りに適したサイズのベッドの選び方について

寝具の一種であるベッドを購入する際は寝心地の良さだけではなくサイズも考慮する必要があります。
自分好みの一品を購入してもサイズによっては置き場所が確保できないことがあるため、必ず自宅の間取りを確認しておきます。
また、ベッドの構造によっては分解できない物もあるので、自宅に搬入する場所も予め確認することが大切です。
特に築年数が古い家屋は規格が現代の家具の形状と合わないことがあるため、細心の注意を払う必要があります。
自宅でベッドを使用する場合、寝室の居住空間を損なわないように考慮することが大切なので家具の配置や仕切り用の襖の扱いなどを見直すことが大切です。
特に二人以上が寝るダブルサイズの場合はより広い場所を確保する必要が生じることから、場合によっては大掛かりな模様替えを行うことになります。
気持ち良く熟睡するためには良好な環境を整えることが最も重要な条件なので、部屋の雰囲気や通気性の良し悪しを把握したうえで最適な一品を選ぶように心がけます。

ホテルに泊まる時はベッドサイズを確認する

ホテルに宿泊する時は、部屋の大きさよりもベッドサイズを優先して決める方が実用的です。
ビジネス目的であれ旅行目的であれ、夜ゆっくり眠ることができないと翌日の仕事や観光に響きますので、快眠は非常に大事です。
ベッドサイズはシングルであれば100センチから120センチ、ダブルであれば120センチから140センチが標準的でしょう。
ダブルでも160センチクラスを置いているホテルもあり、この大きさになると相当ゆったりと寝ることができます。
もちろんキングになると180センチや200センチクラスのものがありますので、贅沢をしたい時はその大きさを体験してみるのもいいでしょう。
また、一人で宿泊する場合に、ツインルームのシングル利用がお勧めされる場合がありますが、この時もベッドの大きさには注意が必要です。
部屋は大きくなったが寝る幅は100センチしかなく、結局窮屈なホテル滞在だったということにならないように注意が必要です。

最終更新日:2016/4/6